メリークリスマスとイタリアとナポリの写真その1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆メリークリスマス!

今日はクリスマスですね、皆さん楽しんでますか?

僕はあいかわらず撮影と写真の一日となりそうです。。

今日はクリスマスに因んで、イタリア・ナポリで撮影してきた写真を上げていきたいと思います。

なんでクリスマスにイタリアネタ??と思われる方もいらっしゃるかと思います。

それは、実はイタリアとクリスマスには密接な繋がりがあるからなんですね。

(あと僕がイタリアで写真を撮ってる人なので、そこに繋げたいというのもありますが。。)

 

◆クリスマスとイタリアの永い関係

クリスマスは今でこそ世界の祭日となっていますが、元はイエスキリストが聖人として降誕した事をきっかけとして始まった記念日なのだそうです。

 

そしてご存知の方も多いと思いますが、イタリア・ローマにはキリスト教カソリックの総本山、バチカン市国があります。

この事からもわかるように、イタリアは国民の大半がキリスト・カソリック教徒です。(その比率、全人口のなんと約7割!!皆が皆敬虔な信者と言う訳では無いようですが。。そこはどの国も変わらないと思います。)

人によって信仰の温度差はあるものの、そんな方々が一丸となる日があります、それがクリスマス! その規模も半端ではありません。。!

 

◆イタリアのクリスマスは年越しも兼ねる

どういった規模かと言うと、イタリアのクリスマスは1日、2日で終わるのではなく、年を跨ぎます。
具体的に言うと、12月24日に始まり、年を跨いで1月6日に終わると言う考えられない長さ。。!というか長すぎ!

家の中の準備なども含めるとなんだかんだ12月上旬にはクリスマスが始まっていますねw

お店も24~26日位までは全く開かず、年末近くからやっと営業しはじめるという。。

とは言えメインになるのは24.25日で、この日は協会へミサへ行き、家族や恋人とゆったりと食事をして過す、というのが一般的なクリスマススタイルです。

(近年は24時間営業のスーパーなども増えてきているので、都市部だと少しは開いています。)

※因みに子ども達のお楽しみ、クリスマスプレゼントですが、イタリアでは1月6日に届けられるのが一般的です(こちらも近年では家庭によるそうですが)、

プレゼントを持って来るのはもちろんサンタクロース、、ではなく、ベファーナという魔女だそうです、その年に良い子だった子には素敵なプレゼント、悪い子だった子には靴下へ炭を入れていくと言われています。

 

 

◆街中に関しては11月頭からクリスマスムードへ

サンタクロース職人の一人、「どうやって作ってるの?」と聞いたら、「愛を込めて作ってるのよ」だってさ!

さてそんな日本の常識からは考えられない期間クリスマスを行う国、イタリアですが、街中では11月頭からクリスマスの飾り付けや、グッズが用意されています。。!
僕は基本、クリスマスシーズンは日本にいる事が殆どなので、クリスマスグッズを目にする事はあまり無いかと思っていたのですが、いくつか撮る事ができました♪

特にナポリは職人の街として有名な都市なので、職人さん手づくりのクリスマスグッズが可愛かったですね、来年はそういったグッズを使って撮影してみたい。。

※これってイタリアだけかと思ってたら、東京もそんな感じなんですね、知らなかったよ。。^^

◆皆様良いクリスマスを!

さてそれでは皆様、記事を見て頂いてありがとうございました、元がなんであれ、今では様々な場所で色々なスタイルができつつあるクリスマス、共通点は「楽しんで、幸せを感じる」事だと思います、皆様良いクリスマスを過ごして下さいね。

メリークリスマス、Buon natale!!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*