新進気鋭の陶芸家さんの作品撮りをさせて頂きました。

新進気鋭の陶芸家さんの作品撮りをさせて頂きました。

◆久しぶりの更新、少し前になりますが、愛知県で活躍されている陶芸家さんのコンペ用のアート作品を撮影させて頂きました◆

こんにちは、Ohamaです。

先日新進気鋭の陶芸家さんの作品を撮影させて頂きました。

サッカー選手のカズさんがプロデューサーとして参加されている国際的にも有名な陶器コンペの一次審査用の写真撮影をお任せ頂き本当に光栄でした!

撮影のライティングを組む所から始め、テザーで2人で確認しつつ撮影した作家さんのイメージに近づけて行きました。

◆あえて影を出す形に◆
当初僕は商品撮影と同じように、影を飛ばした、一つ一つの器に均等に光が当たるようにライティングで撮影を進めました。
しかし、作家さんの陶器に対する世界観とは違っていたようで、そこからさらに試行錯誤、、、

そんな風にして仕上がった写真がこちら。

 

当初室内を締め切り、ストロボのみでライティングしていたものを、窓から外光を入れ、反対にストロボは天バンで弱めに当てる形にしました。

個人的には全体的に光が回っているものより、アートとしての雰囲気を感じます。

色々とご意見をくれた作家さんには大感謝です。

 

◆感性と撮影に対しての考え方が磨かれました◆

こちらの撮影をしていく中で、商品物とアート作品の雰囲気作りはまた別物だという事を勉強しました。

単に作品を綺麗に見せるという事だけでなく、作家さんとの世界観の調和が大切なんだなと。

 

良い作家さんの感性に触れる事ができて、とても良い経験をさせて頂きました、最高でした。

また機会があればぜひ撮らせ頂けると嬉しいですね。

 

※祝!こちらの作品は無事一次審査を通り、コンペに入選されました!※

 

コンペ用作品撮りのご依頼、お気軽にお問い合わせください。

こちらからどうぞ🎵

 

ブログカテゴリの最新記事