Sonyのミラーレス一眼・α7RⅢに関する雑感

Sonyのミラーレス一眼・α7RⅢに関する雑感

 

どんなカメラだった?

昨年Sonyさんから発売されているα7RⅢを購入しました。

α7RⅢはSonyさんが出しているαシリーズの高画素モデル、Rシリーズの最新機です。
その有効画素は約4240万画素と、5Dsシリーズを除く他社の素機を大きく上回る画素数です。

僕はかつてSonyさんのαシリーズのα7R2を少しだけ触ったことがありますが、その時の印象をまとめると、

「絵はとっても良いけど、使用感が。。(要は使いにくかった)」

という感じでした。

この時の自分はバリバリのCANONユーザーで主に5D3をメインで使用していました。(というか、α7R3買った今も持ってます。)

しかしこのα7RⅢが出た後、実際に触ってみてとっても良かったので、今回購入に踏み切りました!

どんな所が良かった?それと実際使ってみた感ってどうなの?

さて、実際に使ってみた感想ですが、まず一言言えるのが、「とても良い」って事ですね!

このカメラで今度撮影していくのがとても楽しみです。

と言ってもこの一言ではとっても大雑把なので、細かい部分を下記に記して行きます。

また、「とても良い」と思ったのは事実なのですが、いくつかこれはどうなの??と感じた部分もありますので、そう言った部分も書いていきます。

α7RⅢの良かった所

良かった点は以下です。

◆高画素、ローパスレスの恩恵が素晴らしい。

ほんと凄いです、最新世代のカメラとはいえ、クッキリ感がものすごい。

写真

◇サイレント撮影が本当にサイレント。

   電子シャッターの恩恵で、ほんとに全くの無音、5Dもサイレントモードがありますが、機械式なので若干軽減される程度でした。インタビューやイベントの撮影で、これがとても重宝しました。(ただ電子シャッターはフリッカーキャンセル昨日が解除されるため、フリッカー出やすいです。。そこはホント注意して下さい。)

◆Rawの編集耐性が凄い。

   5D3と比べると編集耐性がとても強い(RAWのBitレートは変わらない筈なのに、シャドーや、ハイライトの粘りが、え?ここまでイケるの!?と驚くくらいに凄い。)案件によっては撮影後編集で追い込む事もあるので、この部分のグレードアップはとても恩恵を感じる。

◇コンパクトなボディが持ち出しやすい

   小さいってのは多くの場合、軽いって事で、、この軽さ、場所のとらなさ、本当にありがたいです。(でもいつも気づけばカメラバッグは5〜15 kgに、、なんでだ。。)

◆ダブルスロットの恩恵よ。。!

  これは仕事で使うのなら必須。

◇一眼レフには無かった手ぶれ補正(感動)

ストロボ焚けば1/20でもブレない凄さ!(ポートレートは被写体の動きにもよるけど、1/50くらいが限界な気がします。)

◆とっても感動した瞳フォーカス

これはとんでもない、正直一番驚いた。瞳フォーカスをONにすると、ボタン一つでかなりの高頻度で目にフォーカスが合う。

これを

◇動画もイケる

クロップされますが、4K30Pまで撮れます、Log撮影も出来るので、カラーグレーディングも楽しい。
ただ高画素機であるが故か、Logは結構ノイジーなんですよね、、環境によってはノイズリダクション必須です。

◆他社製・オールドレンズへの対応も豊富(EFマウントレンズも使える!!)

これは単純に楽しい、自分はVoigtlanderの10mmレンズを使って撮ってました。

そのうちロシアのオールドレンズなんかも試してみたいなぁ。。

 

α7RⅢの、ん?ってなった所

反対に、ん?ってなった所

◇起動・動作が不安定、、

たまにバグってフリーズしたり、ブラックアウト?したりします、、(今の所データが飛んだりはしてないので、最悪のケースにはなってませんが、、うーん。)

↑こちらはファームアップで少し、改善したかな??という感じです。

Sony機のビデオカメラでも日付がリセットされたりという事もあったので、ここら辺のソフトウェアの安定性などは今後の課題のように思います。

◆ダブルスロットのナンバーと上下。。

フォーマットする時のメニュー画面のスロットの表示がこんな感じ

上:スロット1

下:スロット2

でも実際のスロット配置は。。。

上:スロット2

下:スロット1

って感じでまるっきり逆なんですよね、、、フォーマットの時は3度くらい確認してます。。。

◇背面モニターとファインダーの写りの差が結構気になる。

ファインダーはかなり忠実に撮影環境を写してくれます、しかしライブビュー画面は、なんというか、少し、色と明るさがずれている気がする。。

ファインダーと違って外部の明るにも影響される部分はあると思いますが、それだけでは収まらない差異がある。。

なので撮影時は色、明るさは基本的にファインダーでチェックして、その後構図の確認くらいで使ってます。

◆コンパクトなボディは良いけど、、少し、、小さすぎるかな。。

ギュッと握れない、小指が余る。別途撮影様のケージを買って大きくしました、、w

◇Rawファイルがとても重い。

Canonの時はいっても1枚20MB~27MB程度です、ところがα7R3は、圧縮RAWで32BM~40MB、非圧縮だと100 MB程度、、10枚撮ったら1GBだよ、、

まあだからこそ圧縮RAWがあるんだと思うのですが。

なので処理するPCもスペックが要求されます。

 

色々書きましたが結局好きなカメラ。

今現在、徐々に距離を詰めている段階ですが、まあ、好きですね!
インスタでも色々なシーンの写真をアップしていきますので、ぜひチェックして下さいませ。

読んで頂いてありがとうございます。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

カメラ・機材カテゴリの最新記事