ナゴヤドームの撮影を通して感じた、イベント撮影で大切な2つの事

ナゴヤドームの撮影を通して感じた、イベント撮影で大切な2つの事

愛知県のナゴヤドームのファミリーイベントで撮影してきました

こんにちは、Ohamaです、先週末からナゴヤドームで3日間開催されたファミリー向けのイベントで撮影させていただきました。

とてもたくさんの人がご来場されていて、非常に規模が大きかったですね。

会場にはお子様向けのおもちゃ屋さんはもちろん、健康食品の会社さん、旅行代理店さんなどご家族で利用できそうな店舗さんが多く、その他にも化粧品会社さんやクッキングスタジオなども来られていて、そうかー、こんな感じで認知度あげてるんだなー、と思いながら撮影してました。

また芸能人の方も来られていて、会場を多いに盛り上げてくれていました。

芸能人に疎い僕でも知ってる、歌手のDAIGOさん。

個人的に好きな芸人のバンビーノさん。(やっぱりダンソンとマッサージ面白い。)

イベントの撮影は良い表情が出やすい?

さて、そのように様々な人やお店が盛り上げてくれたイベントなわけですが、そんなイベントの撮影を通して感じた事を書かせて頂くと、『場の空気感が統一されている』という事は良い表情を捉えやすくしてくれる、という点に集約されます、ありがたい。

フォトグラファーにもそれぞれのやり方があると思うのですが、共通して写真を撮る時、撮影中の雰囲気はもちろん、撮影前、撮影後の空気作りが非常に重要になってきます。

欲しい表情や雰囲気は被写体がもともと持っている事も多いですが、空気作りによって作られる部分も決してバカにできません。

自分がもし撮られる側になったら、、と考えて欲しいのですが、笑って、と言われた時に重苦しい空気だったらなかなか笑いづらいですよね。。?

なので、その場その場の雰囲気にあった良い空気を作っていくのもフォトグラファーのお仕事であり、同時に撮影に必要不可欠な要素でもあります。

そしてこういった前提があった上で、今回のイベントを通じ、ある意味共通意識の生まれるイベントの撮影はその場にふさわしい表情を捉えやすい環境なのだと改めて思いました。

大切にしたい事2つ

例えば今回のナゴヤドームの場合、参加されている素敵な店舗さんや、イベントの中のステージで芸人さんたちが場を盛り上げたりしてくれて、みなさん本当に楽しそうなお顔で過ごされています。
概ねイベントは一つ一つテーマが決まっており、その場にふさわしい空気感とその場に来たい方々が集まり、その方向で盛り上がります。

そんな空気の中、撮影するわけですが、ここで個人的に大切だなと思っている事の1つ目、場の空気に共感しつつも、冷静でいる事です。

自分もイベントの空気と一体化しつつ、フォトグラファーとして周りを見ながら、良いシーン、良い顔を抑えていくイメージで、場数と感性で身につけなければいけない所です。

そんなの普通にやってたら大丈夫だよ、と思われるかもしれません、でもこれが出来る人と出来ない人、結構別れます。

また、2つ目は撮影前のイメージの固め方です。

例えば、会場という特殊な場所のライティングに対しての対策やイベントの全体のスケジュールの把握は絶対にマストです。

イベントの内容によっては照明の明るさが急に変わったり、1度逃すと、二度と撮れないようなものも存在します。

そういった所が自分の中で想定出来てないないとせっかくのシャッターチャンスを逃したり、撮れたは良いけど、全然良い色してない、、という、プロとしては許されないとっても苦い経験をする羽目になります。

お子様には関係ない

さて、これまでイベントの撮影のメリットを書いてきましたが、ファミリー向けのイベントだったので、1つだけ、そういった場の雰囲気に左右されない存在がいる事を付け加えておきます。

それは、、お子様です。

お子様にとって、大人の場の雰囲気は時に無条件で怖かったり、寂しかったりします。

また雰囲気とか関係なく、欲しいものが手に入らなかったから悲しい時もあります。

そんな時なんだなぁって察した時は少しあやしてみて、ダメそうなら時間を置くか、撮影をやめてあげましょう、無理強いはいけません。

その場にあった写真を撮るように常に考える

ちなみに今回のイベントでは楽しく盛り上げる方向で統一感がありましたが、少し真面目なセミナーや勉強会の撮影だと真剣な表情の人も多く、ピリッと締まった良い雰囲気の写真が撮れます。

話を聞きながら真剣な表情で考えたり、質問で手を上げている所とか絵になりますよね!

 

こんな感じでイベントの撮影で感じた事をざっとまとめてみました。

これからイベントで撮影される方の参考になったり、イベントの撮影ってこんな感じで考えてるんだと思ってもらえれば嬉しいです。

実は会場の写真はあまり撮れなかったので、何枚かスマホで撮ったのをアップしてます。

 

 

 

 

 

イベント撮影カテゴリの最新記事